2018/07/25(水) 13:28:12.77
    浸水の2100棟を一括で「全壊」判定 倉敷・真備
    2018年7月25日13時09分
    https://www.asahi.com/articles/ASL7T3K17L7TPTIL00X.html?iref=comtop_8_03

     西日本豪雨で大規模に浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町で、同市は被害地域の約2100棟を一括して「全壊」と判定した。被災者が公的支援を受けるために必要な罹災(りさい)証明書を早く発行するのが目的。津波により面的な被害が広がった2011年の東日本大震災を受けて導入された仕組みを使った。

     真備町では、町内を東西に流れる1級河川の小田川や支流が決壊。4千棟以上の浸水被害が発生した。

     市は洪水ハザードマップの想定を踏まえ、「全壊」と認定される床上1・8メートル以上の浸水が確実と認めた区域について、区域の端にある複数の家屋をサンプル調査。今月17日に域内の約2100棟を一括して全壊と判定した。
     これにより、区域内の被災者は家屋調査なしで罹災証明書が発行される。市は同時に、17日以降最大約100人態勢で現地調査も進めている。区域外の家屋は個別に調査して判定しており、市によるとそれらの家屋の調査はほぼ完了したという。
     一括判定は、東日本大震災後の13年に改定された被害認定基準の運用指針に盛り込まれた。津波や堤防決壊などで、ある区域内の住宅が浸水したことが一見して明らかな場合、四隅の住宅をサンプル調査し、区域内の全住宅を全壊と判定することができる。(小沢邦男)


    【【西日本豪雨】浸水の2100棟を一括で「全壊」判定 倉敷・真備】の続きを読む

      2018/09/18(火) 12:56:06.18
    これから人気出そう


    【【女子アナ】テレ朝 弘中綾香アナ(31)について】の続きを読む

      2018/09/27(木) 21:18:26.23



    【【GIF】列島警察さん、またCGで遊んでしまう…】の続きを読む

    このページのトップヘ